« 大雨と雷及び突風に関する全般気象情報【第1号】 | トップページ | 製品回収情報:エースコック(カップ麺) »

2016年6月28日 (火)

鹿児島県で猛烈な雨を観測 30日にかけてさらに大雨のおそれ 土砂災害に厳重警戒(6/28〜)

停滞している梅雨前線の影響で、西日本を中心に大気の状態が不安定となり、九州各地で局地的に大雨となっています。鹿児島県が霧島市牧園町に設置した雨量計では28日14:00までの1時間に85mmの猛烈な雨を観測しました。鹿児島県や宮崎県では降り始めからの雨量が300mm近くに達している地点もあります。この大雨で、熊本県と鹿児島県には土砂災害警戒情報が発表されています。
梅雨前線は引き続き30日にかけて九州に停滞し活発化するため、九州では断続的に非常に激しい雨が降り、土砂災害が発生するおそれがあります。これまでに降った大雨で地盤が緩んでいるところがあるため、土砂災害に厳重警戒し、低い土地の浸水、河川の増水やはん濫にも警戒・注意してください。また、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意してください。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。【6月28日22:00現在、レスキューナウまとめ】

|

« 大雨と雷及び突風に関する全般気象情報【第1号】 | トップページ | 製品回収情報:エースコック(カップ麺) »