« 川崎市気象情報 | トップページ | 川崎市気象情報 »

2016年8月20日 (土)

台風9・10・11号被害情報:北海道で大雨被害 雨量は更に増えるおそれ(8/20)

8月19日から20日にかけて、日本の東南海上で台風9・10・11号が相次いで発生しました。このうち台風11号は21日には東北地方太平洋沿岸に、台風9号は22日には東海から関東の太平洋沿岸に、それぞれ最接近・上陸する可能性があります。
東日本の広域では台風接近に伴い、また北海道には台風7号から変わった温帯低気圧から延びる前線が停滞している影響で、大気が非常に不安定な状態が続いていて、20日も局地的に非常に激しい雨を観測し、避難情報が出されている地域もあります。東日本では17日の降り始めからの降雨量が200mmを超えている地域もあり、今後更に雨量が増えるとみられることから、土砂災害に厳重に警戒するとともに、低地や地下施設への浸水、河川の増水やはん濫などにも警戒が必要です。【8月20日15:30現在、各種報道などからレスキューナウまとめ】

|

« 川崎市気象情報 | トップページ | 川崎市気象情報 »